芸術初心者はこれだけは読んどけ!

芸術大好き!

8/8、2017琵琶湖花火大会に行ってきました。

台風の影響で昼までは雨が降っていましたが、「決行」との告知があったので

出かけました。

本当は浴衣を着るつもりで用意をしていたのですが、

帰りの混雑が決戦状態になると思ったので思いとどまりました。

一人だしね。。。

用意した下駄。

実は前回のは骨董市で安く買ったのですが、

ブログには書きませんでしたが鼻緒がせまくて流血していました。

実店舗にも行ったことのある谷中の下駄屋さんでオーダーメイド。団子坂のあの下駄屋さんです。

もちろん鼻緒も選べます。麻にしました。皮膚に当たるところは本てん。

まえつぼが赤なのがいい。

焼きの正目の桐に細かい畳表(カラス)。

わたしは問屋で仕入れもしていたので値段のからくりは知っていますが

これはだいたい4~5万くらいで売れるレベルのものです。

谷中の店舗では二万切るくらいで販売してくれます。問屋さんの値段です。

ありがたやありがたや。


こういうセンスだけを武器にプロデュースしてお品物を販売できないだろうか。

これはいつか出番があるときまで取っておきます。

———————————

さあ、今年も一人で行ってきますよ(笑)。

花火大会会場へは早めに行きました。早めに行ってゆっくり帰るがいいそうです。

ゆっくり過ぎると終電を逃しますが!

すっかり良い天気になりました。

席は前回よりずっと左の後列でした。

充分よい席ですが、残念ながら海上は見えません。

今回は海への反射は楽しめないですね。

なんというか、ひとって知らない間はそれでも十分楽しめるし満足できるのに

本当に良いものを知ってしまうともう戻れないんですよね。

足るを知るということを忘れてしまう。

足るを知るという言葉は良い部分もあるし悪い部分もあると思う。

人は作品や芸術に関してはどんどん前に進んで良いものを知って貪欲になっていいと思っている。

写真ではうまく写りませんでしたが

今夜は月まで真っ赤で綺麗な満月でした。

昨年はカメラを忘れてしまい、スマホのみで撮りました。今年はちゃんとカメラ持参です。

オープニング。

視界のすべてが花火だけに埋め尽くされます。

腹にひびく爆発音。 琵琶湖の花火大会は 下手なBGMがないのがいいですね。

風もすずしく、見やすい。

視界が広くてカメラのフレームに入りません。

まさに百花繚乱。

わたしは、子供の時から、開いたときよりも、消えていく最後の瞬間のチラチラしたのが大好きでした。

なんかね、命を感じるんですよ。

フィナーレはいつも通り耳をつんざく大音響と、あたりが明るくなるほどの連発に次ぐ連発。

ラスト。

瞬間、昼間のように照らされて辺りが白くなります。

去年も思いましたが、琵琶湖は構成が良い。

緩急がある。交響曲の楽譜のよう。

情緒と物量と地の利、すべての両立に圧倒されます。

りるりる、すまん…PLもこのレベルだと思ったのよ。

本当に申し訳ない。来年はこっち一緒に来れたらいいね。


ちなみにPLのスパヒルズの指定席は 自由席6000円、こちら琵琶湖花火大会は指定席3900円となっております。

—————————

さて、ここからは地獄ラッシュになります!

情緒ぶち壊しの話になります。

行きには歩きで2~3分ほどの距離に二時間。ほぼ静止状態で、

たまにのろのろ動くを繰り返します。

結局トータル会場から駅に入るまで三時間くらいかかりました。

さらに電車を待つこと二本。

リアルで終電で戻ってまいりました…。

(途中でちょっとあきらめかけたが間に合った)

大阪で思うのはみなさんラッシュに耐性が無い。

こんな耐性、奴隷自慢や残業自慢みたいでみっともないのですが、

おそらく東京のひとは子供のころから塾通いで、学校通い、通勤とずーーーっと

通勤ラッシュに巻き込まれて生きてきてるんですわ。

わたしも小学四年からずーーーっとです。

普通に乗車率200%を越えます。ガラスに顔を押し当ててつぶれてる状態。

肩が触れて新聞が読めないレベルは乗車率180%くらいですが、

今回はちょうどそれくらいだったんです。

「乗れませ~ん」とか「無理で~す」と駅員さんに叫んでる。

ギャーギャー騒ぎすぎです、大阪の方は。。。。

特に団塊のおじさん、体を突っ張ってまで止めようとしたり叫んだり、

非常にマナーが悪いですね。

一度東京の朝のラッシュにぶちこんでやりたくなりました。

賢い人は反対方面(そっちの道は流れがずっと早い)に行って、戻ってきているようです。

その手がありましたね。

来年も生きて元気で琵琶湖花火大会に来たいと思います。

ぽちって下さると

大変励みになります。

芸術の総合情報

せたなの魅力を満載椿/中

昨日は青山学院の大学生とグリーンデザイナー塚田氏さんと『めぐり花』体験花。

めぐり花!? どんなことやるんだろうと~~!?!?

本当なら朝から野花を摘む作業だったのですが・・・・あいにくのお天気で前日摘んだ花でいざチャレンジ!!
それが自分の予想していた以上に見事な感じにキラキラキラキラ
最終的にはこんな芸術的な作品に生まれ変わりましたっアート
それから日程が変更となり町内巡り~~バス
村上牧場見学うし ⇒ 横山さん宅でブルーベリー狩りブルーベリー
マーレ旭丸さんで勉強大漁くん
突然のお願いにもかかわらず皆さん快く引き受けていただきありがとうございましたっペコリ
まだまだ自分もせたなの魅力を全然知らないなぁ~と実感感動
海も山も食も人もいいとこいっぱいのせたな町ですっ富士山(初夢)

 
[広告] 楽天市場
  • まめっちょ(2)第2版 わらべうた・こもりうた・民謡・カノン曲集 [ コダーイ芸術教育研究所 ]
  • Sumnacon 鉛筆ホルダー 72本 色鉛筆 筆箱 ペンシルホルダー 72本入れ 色鉛筆に適用 ホルダー 純色 シンプル 大容量 色鉛筆ケース 鉛筆収納ケース 高校生、芸術者など 男女 兼用 人気 (色鉛筆なし)(ブラック)
  • 【輸入盤】5th Mini Album: 私は芸術だ [ HELLOVENUS ]
  • 障害者の芸術表現 共生的なまちづくりにむけて (文化とまちづくり叢書) [ 川井田祥子 ]
  • 【送料無料】 芸術表現教育の授業づくり 音楽、図工・美術におけるコンピテンシー育成のための研究と実践 / 時得紀子 【本】
  • コダーイ芸術教育研究所の「教育プログラム」新訂 [ コダーイ芸術教育研究所 ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする