間違いだらけのダイヤブロック選び

L.A.でダイヤブロックが問題化

レゴランドがオープンした。幼少時代から馴染んたレゴ。実は幼い頃、レゴ・ブロックはマイナーな商品だった。当時のブロック玩具の主流は河田という会社が発売していたダイヤブロック。学校の友達はみんなダイヤブロック。レゴとは互換性がなかった。友達とは交換できない!思えばあの頃から、マイナーな選択をする運命だったのだ。(ビデオは当然βマックス)自分がブロック玩具を手にすることがなくなり、久しく存在を忘れていたら、ブロック玩具の主流は、いつの間にかレゴになっていた。レゴランドが日本にも誕生し、レゴ映画は新作が公開されている。それでも、まだ日本ではレゴはマイナーな存在なのか、映画はアメリカではヒットしたのに、日本では、まったく話題にならなかった。現在、公開されている続編。DCコミックとのタイアップで、バットマンを登場させているのに、日本では「モアナ」や「シング」に押されて、ひっそり公開されている。長年のレゴファンとしては、高額料金のレゴランドはともかくレゴ・ムービーは観なければとニコタマのシネコンに向かった。
映画はなかなか楽しかった。バットマンのジョーカーの話をベースにDCキャラのオールスター映画。パロディ精神満載。笑いパートもしっかりありつつ、過去の「バットマン」へのリスペクトもしっかり。本編のバットマンもこんなテイストだったら、もっと楽しめるのに。

街の遊撃手ダイヤブロック

昨晩、銀行員時代の新人研修の時の夢を見ました。わが社も含め、新人研修の時期だからでしょうか。

30年近く昔の話ですが、社会人としての厳しさを思い知りました。

あるプログラムで、ダイヤブロックでロボットを組み立てるゲームをしました。

グループに分かれて行うのですが、別室にある完成形を見に行く人と、それを口伝えで聞いてロボットを組み立てる人とを、別々に分担します。
(組み立てる人は完成形を見に行けません)

同じロボットを5体作ります。

私たちのグループは順調に作業を進めていましたが、時間切れで、最後の部品がひとつ足りない状態のロボットを5体作るところまでいきました。

別のグループは、とりあえず完成品をひとつ仕上げていました。

私は、ほぼ100%に近い完成度に、ある程度満足していましたが、成績は「0点」でビリ!

未完成のものをいくつ作っても納品はできたことにならない。
納期を守らなければ、何もしなかったのと同じ。

そんな教訓を得ました。

仕事の約束を守ることの厳しさに、頭を殴られたような衝撃を受け、今でも忘れられません。




[広告] 楽天市場
  • 【送料299円&全品P5倍】 ミムゴ ダイヤブロック シリコン製氷器 ブルー SLIC−100B ★税抜5000円以上で送料無料★激安祭
  • ルシェルシュ マグボトル(L)ダイヤブロック 【水筒】
  • くるくる回せる目玉の新パーツ付! ●ニューブロック はじめようバッグ
  • ルシェルシュ マグボトル L ノルディックバード サクラバタフライ ダイヤブロック ガーデンプランツ パリクリネコ スカンジナビアフラワー 水筒 ステンレスボトル
  • プーさん【ナノブロックディズニー TDR nanoblock ディズニーリゾート(くまのプーさん WINNIE THE POOH ブロック 限定
  • カワダ ナノゲージ nGT_007 E7系新幹線

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天