和食を学べばもっと料理上手に!

259829
魚を使った料理のレシピの説明に頻繁に出る霜降りと言われる肝心なやり方が今一つ分からない方はいるようです。

だいたいどんな理由でそれをするのか、どの様に料理すると上手くいくのか、答えを知ればすんなり納得がいく筈なのです。

魚を煮る場合は霜降造りによる下処理が必須で、これは大根・胡瓜などの浅づけは、毎日でもテーブルに並べたい小鉢です。

浅漬の塩の分量の目安は、材料に対しておよそ2から3%が適正量でしょう。

食塩のみで作るのも大丈夫と言えますが、出来ればこんぶもしくは生姜、そして唐辛子などを添えて漬ければ趣のある味わいですとかうまみ成分も浸み出します。

お浸しの一般的な材料は小松菜ですとかホウレンソウですが、まだ他に思い掛けないものも美味しく出来ることも少なくありません。

セロリ或いはピーマン、ブロッコリー等も美味しく出来る材料なので、おかずの引き出しを広げるためにはもってこいのジャンルなのです。

スポンサーリンク
楽天
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天